まだ結婚できない男

まだ結婚できない男 6話 やっくんの正体暴かれる

こんばんは!ドラ村にご訪問頂きありがとうございます。

今回のはドラマ「まだ結婚できない男」第6話あらすじ、考察をしていきたいと思います。

一緒に見ていくのはケビンとダーガル!

ケビン
ケビン
やっくんの正体暴かれたな
ダーガル
ダーガル
 みんなの予想は外れちゃったな!

今回はやっくんの正体が判明しましたね!

まどかのいとこも登場しました。

まだ結婚できない男6話あらすじ(ネタバレあり)

桑野を悩ませる“やっくんのブログ”が、ついに検索ランキングの3位に浮上。このままでは1位になる日も近いと焦る桑野は、まどかにいら立ちをぶつける。2人がいつものように言い争っていると、そこへまどかのいとこ・亮介(磯村勇斗)が現れる。亮介は弁護士を目指して勉強中で、忙しいまどかを手伝うために長野から上京してきたという。

しかし実は、同じく弁護士で、娘に自分の事務所を継いでほしいと願うまどかの母から、まどかが地元に戻らない理由を探ってくるよう、密命を受けていた。

ケビン
ケビン
まどかは親不孝な娘だって前回いってたよな?
ダーガル
ダーガル
 母親は心配なんだな

そんな母の魂胆を見抜いたまどかは、かつて母親との間に何があったのか、自分の過去を亮介に打ち明けることに。しかし、亮介を連れ有希江の店に向かうと、間が悪いことに、そこには桑野の姿が。案の定、まどかの話を聞いた桑野は黙っていられず、いつものように皮肉を連発してまどかを怒らせてしまう。

しかし、そんな2人のやり取りを見ていた亮介は、桑野に1つ頼み事をするのでした。それはまどかに母へ連絡するようお願いしてほしいという内容でした。

ケビン
ケビン
亮介に対して桑野は不愛想だよな
ダーガル
ダーガル
 亮介もよく桑野に頼もうと思ったな

聞く耳を持たない桑野はジムでやっくんと思われる男を追い詰めましたが、逃げられてしまいます。翌日、まどかはからやっくんの正体は”大和貴史”という人物と告げられます。大和は桑野に憧れていて、いずれ憎しみに変わって批判のブログを書いたとすべてを話しました。桑野は大和という男を許すことにしました。

ヤクマル=やっくんだと思っていた桑野はまどかにヤクマルに謝るよう促され、謝罪することをに。桑野が謝罪したことを聞いたまどかは自分も母親と話をしてみようと電話し、過去のことを謝罪するのでした。

ケビン
ケビン
亮介は桑野になにか言いかけてたよな?
ダーガル
ダーガル
 桑野とまどかがお似合いってことだろ

やっくんの正体について

やっくんの正体はヤクマルでもコンビニの店員でもなく、大和貴史という初登場の人物でしたね!

大和貴史は高校生の時桑野の存在をしり、桑野に対して憧れを抱くようになった。そして建築家を目指し大学を受験するが、失敗し建築家になる夢を諦めます。いずれ桑野への憧れが憎しみにかわったと言います。

桑野への憧れがよほど強かったんでしょうね!

ヤクマルに謝罪した桑野はヤクマルのブログを拝見し、都会生活を楽しんでいる様子に「いいね」という声を漏らしていましたね。

まとめ

今回はまどかと母親の問題、やっくんブログの件が解決されて晴れ晴れしい終わり方でした!

次回は英治と桜子が桑野に付き合っていることを打ち明けることになりそうですね。

次回も楽しみです!

それでは今回は以上になります!最期までご覧いただきありがとうございました!

ケビン
ケビン
ありがとうございました!
ダーガル
ダーガル
またな!