3年A組

グランメゾン東京 最終回 あらすじとネタバレ 三ツ星獲得できるのか!?

こんにちは!ドラ村にご訪問頂きありがとうございます

一緒にみていくのはダーガルとメローナ!

ダーガル
ダーガル
 フレンチ禁断の食材マグロを使った料理できたな!
メローナ
メローナ
 だけど、尾花はお店出て行っちゃったね。

グランメゾン東京最終回のあらすじについて紹介していきたいと思います!

ネタバレありますので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

グランメゾン東京 最終回あらすじ

ミシュランの審査が近づき、「グランメゾン東京」の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。そんな中、新しい魚料理を作るため、フレンチにとって禁断の食材である”マグロ”に挑んでいる尾花(木村拓哉)を見て、倫子(鈴木京香)は不安になり、口を出してしまう。口論した末に、尾花は「スーシェフを辞める」と告げるのだった…。突然の発言に動揺する中、倫子も魚料理を作り、美味しい方をメニューに加えようと提案する。
一方、丹後(尾上菊之助)がいなくなった「gaku」は、新しいシェフ・結月(馬場徹)の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。その矢先、ついにある事件が起きてしまう…
 そして、いよいよ運命のミシュランの審査が始まる。

果たして「グランメゾン東京」は、三つ星を獲得する事はできるのか!?

魚料理で尾花と倫子が勝負!

最終回では、グランメゾン東京の魚料理はマグロを使いたいという尾花とシェフの倫子は口論になり尾花がスーシェフを平古祥平に譲ることになりました。

倫子は自分勝手な尾花に対し、マグロ料理にかわる料理をつくることになりました。

尾花より先にハタを使った料理を魚料理として完成させた倫子。

ほかの従業員達が倫子のハタを使った料理を絶賛する中尾花は腑に落ちない様子

「2つ星の審査はハタの料理でいいが、3つ星の審査はマグロ料理でいく」と頑固な尾花

尾花もマグロ料理を完成させるが倫子は「おいしい」と言いながらも曇った表情を浮かべる。

3つ星審査当日

倫子は土壇場で「魚料理はマグロではなく私のハタでいく!」と尾花を押し切り倫子はハタ料理で勝負することに…

それを聞いた尾花は店をやめると行って出ていきました。

ダーガル
ダーガル
 尾花は拗ねて出ていったわけではなさそうだな
メローナ
メローナ
 後日、平古に真相を話していたね!

リンダを再びグランメゾン東京へ招く

ミシュランの調査員と思われる人物の予約が入らないことをになにかを察した尾花はリンダの元を訪れるのであった。もう一度店に来てほしいとリンダに頼み込む尾花。

後日、リンダがお店に来るもご機嫌斜めな様子。

しかし、コース料理を食べていく中でリンダは笑みを浮かべるのでした。

ダーガル
ダーガル
 料理で人の感情はここまで変わるのか!

コース料理を食べ終えたリンダに倫子は「グランメゾン東京の料理は旅をしてでも食べる価値はあるでしょうか?」と問う

「ある、今までのベスト」と答えたリンダ。

彼女が自分のキャリアを捨ててでも自分の舌に嘘をつきたくないと決断した瞬間でした。←キャラクター

その後日、ミシュランの調査員らしき人物からの予約が入るのでした。

メローナ
メローナ
 リンダはキャリアを捨ててまで美食家としてのプライドを守ったのね

ミシュランの三ツ星発表会

結果発表当日、会場には尾花以外のグランメゾン東京のメンバーがいました。

1つ星と2つ星のお店の名前がでてこなく、不安になる倫子。

平古や京野は不安になる倫子に対して、尾花は倫子のことを認めていたと話しました。

尾花は遅れて会場にやってきますが、メンバーたちと合流はせず一人で結果を聞いていました。

3つ星の名前にグランメゾン東京があり感動する一同。

倫子はシェフとして檀上にあがり尾花への感謝の気持ちを話すのでした。

それを聞いて尾花は涙するのでした。

メローナ
メローナ
 グランメゾン東京初選出から三ツ星は快挙ね
ダーガル
ダーガル
以前、二つ星をとったgakuは星がつかなかったな

 

感想

ハッピーエンドで良かったですね!これまでグランメゾン東京としてはマイナスのイメージだったリンダやgakuも前向きな姿勢で終われたのも気持ちいですね。          ”三ツ星をプレゼント”という言葉がドラマの中で何度かでてきましたが、尾花は倫子に対して本当に三ツ星をプレゼントする形になりましたね。星のプレッシャーに負けず自分の料理に自信をもって提供できるようになった倫子は尾花を超えたのかもしれません。     ドラマの終わり方もラストでは「世界中の星を取りに行く」と尾花がいっていたので、もしかしたら続編も期待できるのかもしれません!

まとめ

このドラマはメインキャストにキムタク、鈴木京香、沢村一樹など40代が多かったですね、40代がいきいきしているドラマは最近では珍しいと思いました!

バラバラになった仲間が新しいお店で集まってくるところからこのドラマはドラマ版ワンピースと言われていました(笑)

個人的に丹後シェフが絶望的なgaku、江藤オーナーを救う姿がカッコ良かったです。丹後は最初から最後まで男らしいキャラクターでしたね!