ハケン占い師アタル

ハケン占い師アタル第4話の感想!職場環境がホワイトになってきた!

こんにちは!管理人のぐっさんです!

今回はハケン占い師アタルの第4話について感想を綴っていきます!

第4話のメインは小澤征悦さん演じる上野さん!前回では嫌な上司ということで部下を苦しめていました。

プライドが高く、態度も大きいので上野さんの部下にはなりたくないです!

そんな上野さんがアタルによって改心していき、見違えた人物になっていきました!

1話では最悪な職場環境に思えた会社もアタルによってどんどんホワイト化していっている気がします!

それでは第4話についてみていきましょう!

上野さんは根は良い人!

上野さんは控えめに言っても最悪な上司ですよね!

・人の意見は聞かない俺様主義!

・過去の栄光を永遠に自慢する!

・いつも愚痴をいう!

・部下への説教!

と嫌な上司の典型的なパターンを全て詰め込んだような人です(笑)

自分の上司がこんな人だったら相当辛いと思います。そう考えると品川さんはよく頑張っていたなあ!と少し見直してしまいます!

これだけではなく、仕事がうまくいかなくなると、すぐに酒の力に頼り酔っ払って家族に迷惑をかけています。

酒癖が悪い父親は最悪ですね。

酔っ払って帰ってきても、仕事の愚痴ばかりで、実の娘までもが愛想をつかして、家をでていってしまいました!

あんな状況なら仕方ないですね!

こんな上野さんですが、第4話では大きな仕事を任されて意気揚々と仕事に取り組むも

取引先からのダメ出しで大事な仕事も失敗。

いつものように、酒を飲みながら愚痴を言うという悪循環に陥っていました!さらには仕事を欠勤して、酒浸り。そんな状況をみかねた会社の後輩がアタルに占ってもらい、改心するという流れでしたね!

改心したあとは職場の雰囲気がよくなり、最後のみんなで居酒屋にいっているシーンはほっこりしました!

アタルが改心させただけではなく、上野さんの根本にある仕事への情熱を後輩は知っていたからこそ、最悪だと思える上司についていってたんだと思います!

本当に上野さんのことが大嫌いだったら、わざわざ仕事の穴埋めをしようとはしないですし、アタルに頼むこともなかったでしょう!

根は良い人だということはみんな知っていたんですね!

第4話のアタルの説教も痛快!

ここ最近のアタルは絶好調ですよね!

今回の上野さんに対する占いも的を得ていて上司世代の人に是非きいてほしい内容となっています(笑)

もはや占いではなく、単なる説教ですよね!(笑)

上野さんがアタルにした質問は3つ!

①俺の携帯はどこ?

なんじゃそれは!とみなさん突っ込んだのではないでしょうか!

そんなこと聞くか?という上野さんの少し抜けたところが新鮮で面白かったですね!

アタルの答えも「携帯は希望みたいなもん。案外すぐそばにあるよ。」という抽象的な答!

結局、落とし物として品川さんが預かっていましたので、一安心(笑)

②なんで俺は嫌われる?

→アタル「怒るには資格がいる!」

ん?っと最初聞いたときはぽかんとなりましたが、説明を聞いて納得!

自分に期待を持てない人がいう言葉はみんな聞かない。人のこと攻撃している暇があれば自分を磨くこと。そうすれば周りも話を聞くようになる!

確かに!尊敬できない上司の説教なんて聞きたくないですよね!

それとは対照的に、この人のようになりたいと思える上司からの言葉なら、素直に聞いてしまうと思います!

③過去の伝説のイベントをやることはできるか?

この質問に対する答えは納得でした!

「過去のような伝説のイベントをするためには失った気持ちを取り戻すこと!」

「今残っている仲間を大事にする!」

いつの間にか、人を喜ばすという目的は人に認められたいという目的に代わっていたなんてことはみなさん経験があることかと思います!

上野さんが失ったこの気持ちを取り戻し、今いる仲間と共に頑張れば過去のようなイベントをすることができる!

なんか自分のことを言われているような気分になり、いい説教でした!

まとめ

今回の第4話で、強敵と思われた上野さんが無事に改心!

これで、職場のホワイト化が一気に進んだように感じます!

アタルがこの職場をどんどん良くしていっていますが、次はどんな説教があるのか、楽しみですね!

それでは今回は以上になります!

最後までご覧頂きありがとうございました!