事件

大津市園児死亡事故は若松園長・保育園側が悪い?容疑者2人の顔画像も!

こんにちは!ドラ村にご訪問頂きありがとうございます。

本日は大津市で起きた交通事故について取り上げていきます。

一緒に見ていくのはネコリカとチョコラン!

ネコリカ
ネコリカ
園児が亡くなってしまった事件。
チョコラン
チョコラン
悔しいね...

滋賀県大津市で起きた事件は園児13人を巻き込む大事故になりました。

この事件について記者会見が行われましたが、記者からは保育園側に非難をするような質問に、若松園長は泣き崩れるシーンもありました。

 

そこで、今回の事故は保育園側に非があったのか探っていきます!

そして事故を起こした容疑者2人についてもみていきましょう!

 

 

大津市園児死亡事故は若松園長・保育園側が悪かったのか?

まずは事件について振り返っておきましょう!

大津市死亡事故概要

事故発生日:2019年5月8日午前10時15分ごろ

被害者:レイモンド淡海保育園の園児と職員。男児1人と女児1人の園児2人が死亡し、13人がけが(うち重傷4人)

容疑者:新立文子(52) 下山真子(62)

容疑:自動車運転処罰法違反(過失傷害)

ということです。

チョコラン
チョコラン
最悪の死亡事故になってしまいました。

この事故を受けてレイモンド淡海保育園を運営する社会福祉法人檸檬会が会見を開きました。

その際に若松園長に対し、記者からは責任を追及するような質問がありました。

「危険な場所だという認識はあったのか」など、あたかも保育園側を非難する質問でした。

この質問に対し、会見を見ていた人からはこのような意見が噴出しています。

ネコリカ
ネコリカ
保育園側が本当に悪いならまだしも、この質問はないような気がする。

保育園側の管理がずさんで危険な場所に園児を誘導していたなら責任が問われても仕方ないかもしれませんが、この事件はどうやら違うようです。

保育園側に責任はあるか?

この画像は事故現場の交差点です。

映っている園児と先生が今回の事故にあわれた方々ではないと思いますが、園児を誘導するときはいつも、このように、道路から離れた歩道で待機をさせています。

ネコリカ
ネコリカ
これなら安全を確保できているといえそうね。

園児が先生の管理から離れたわけではなく、このように安全な場所で待機していたところを車が突入してきたのですから、保育園側の責任はないものと考えます。

チョコラン
チョコラン
記者はこの事実を踏まえた上で質問しているのか!

今回の事故は完全に事故を起こした容疑者2人に非があり、保育園側は責任に問われる必要はありません。

大津市園児死亡事故容疑者2人の顔画像!

今回の事故は容疑者が2人います。

それぞれプロフィールと顔画像を調査していきます!

新立文子容疑者

新立文子(しんたてふみこ)

年齢:52歳

職業:無職

住所:滋賀県大津市里山3丁目

車種:日産ノート

となっています。残念ながら顔画像は特定できていません。

恐らく今後、報道されていくものと思われますので、続報を待ちましょう。

分かり次第追記していきます!

下山真子容疑者

下山真子(しもやまみちこ)

年齢:62歳

職業:無職

住所:滋賀県大津市若葉台

車種:ダイハツムーヴキャンパス

ということです。こちらも残念ながら顔画像はわかっていません。同じく続報を待ちましょう。

 

直進してきた下山容疑者の軽乗用車が、右折しようとした新立容疑者の乗用車と接触。

下山容疑者の軽乗用車が、散歩中に信号待ちをしていた園児らがいる歩道へ突っ込んだということです。

この2人は一生をもって償っていくことになるでしょう。

まとめ

今回は少し気持ちが暗くなるような事故を取り上げてきました。

未来ある園児が亡くなってしまった事件。

今後はなくなることを祈ります。

それでは今回は以上になります!最期までご覧いただきありがとうございました!

チョコラン
チョコラン
ありがとうございました。
ネコリカ
ネコリカ
またねー